ちょっとしたムダ毛の処理は毛抜きで済ませるという人も多いのでは?使う頻度が高い毛抜きだけど、毛抜きによっては毛を掴みにくかったり、途中で切れたりするものも( ;∀;)毛が綺麗に抜けないとストレス...そんな人は毛抜きにこだわってみましょう♪そこで、おすすめの毛抜きをご紹介♡リーズナブルなものから高級なものまであるので、お気に入りを見つけてくださいね(*^^)v

セルフ脱毛の必需品『毛抜き』にこだわろう

高級毛抜きは掴み心地と持ちが全く違う!

毛抜きを100円ショップで購入している人も多いのでは?毛抜きはお手頃なものからなんと1万円以上する高級なものもあるんですよΣ(゚Д゚)安い毛抜きは、商品によっては先端の合わせ部分がずれていてムダ毛がつかめなかったり、途中で切れてしまいキレイに抜けきれなかったりという経験ありませんか?

高級毛抜きは、値段は高いけど毛抜きの悩みを解決できるかもしれません!こだわりの技術で一本一本丁寧に作られているので品質も機能性も抜群です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶少しの力で、うぶ毛などの細い毛もしっかりつかめます♪ 高級毛抜きは、よほど力をかけて使わない限り先端の合わせ部分がズレることなく丈夫に作られています。一度使ったら、高級毛抜き以外使えないようになるかも☆

また、安い毛抜きは、なくしてしまいがちだけど、高級毛抜きなら使用した後ちゃんと元あった場所へ戻すようになるかも ( *´艸`)

毛抜きの選び方

先端の形状

お店で毛抜きが並んでいるのを見ると先端の形が様々ですよね!おすすめなのは、先端があまり細すぎないものです(^_-)細すぎると、毛がつかみにくく、目も疲れます。

また、皮膚に引っかかって出血するなんてことも( ;∀;)先端はある程度幅がある方がどんな毛にも対応できるし、皮膚も傷付けにくいですよ☆

【先平】
先端の横幅が広く、平べったいタイプ☆毛抜きコーナーでも多く並んでいるので、使っている人も多いのでは?幅が広いので、足などの広いパーツの毛を抜くのに向いています(^^)

【先斜め】
先端が平べったく斜めになっているタイプ☆先端になるにつれて細くとがっています。細い方で、細い毛や短い毛を抜き、平べったい広い部分で太い毛や広いパーツの毛を抜くなど使いわけることができるので便利♪

斜めになっていることで抜きたい毛の部分がしっかり見えるので、毛抜きしやすいです(*‘∀‘)

【先丸】
先端がとがってなく、丸くなっているタイプ☆皮膚を傷付けることなく使えるので、デリケートな部分の処理にもおすすめです(^_-)

バネの強さ

両先端を開閉させる毛抜きのバネは、快適に毛抜きをするために重要なポイント♪バネの力が弱いと、先端の開閉がしにくく毛がつかみにくいんです!

逆にバネの力が強すぎると、力を入れて毛をつかまなければいけないので、指が痛くなってしまったり、肩こりになったりします(>_<)

開封して試すことができないので、口コミをチェックして購入するのがおすすめ☆

合わせの確認

先端の合わせがずれていると、毛がつかめないのでイライラします(; ・`д・´)何度も毛をつかもうとしているうちに皮膚を傷つけてしまうことも!

合わせの確認も開封して試すことができないので、パッケージの外からでもチェックしましょう(^_-)

おすすめ毛抜き

資生堂 アイブローニッパーズ211

コスメだけでなく、メイク道具も評判のいい資生堂♪「アイブローニッパーズ211」は、眉毛専用の毛抜きですが、眉毛などの太い毛からうぶ毛のような細い毛までこれ1本でOK(^_-)力をあまり使わずに毛が抜けます☆

【先端:先斜め 価格:1,200円~】

ツイザーマン スラントツイザーステンレス

ファッションエディター達の間でも人気が高い毛抜きです♪毛抜きというとシルバーのステンレスで無機質なイメージが強いけど、ツイザーマンの毛抜きは、カラーバリエーションが豊富٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ピンクやブルーの毛抜きなど好きな色を選べるのが嬉しいです♡おしゃれ好きな人にもおすすめな毛抜き♪見た目だけでなく、機能性も◎先端は先平タイプなので1度に数本の毛を抜くことができ、一度つかんだらしっかり抜けます(^^)

【先端:先平 価格:3,500円~】

ファンケル ツィザー

毛がつかみやすいように持ち手の部分が流線型になっているので力を入れなくても抜きやすいです♪使い続けていると、合わせがズレてしまいがちだけど「ファンケル ツィザー」はズレにくいように作られています(^-^)先端が丸く研磨されているので、顔などのうぶ毛を抜くのにもおすすめです♡ 【先端:先斜め 価格:800円~】

貝印(KAI)関孫六シリーズ

先端の合わせを精密に調整されているということで、どんな毛もしっかりつかんでくれます♪口コミでも細い毛や短い毛もあまり力を入れなくても簡単に抜けると高評価(^-^)

【先端:先平 価格:1,200円~】

グリーンベル 驚きの毛抜きシリーズ

驚きのというネーミングのとおり、細い毛から太い毛までしっかりつかんで抜けるように作られています。このシリーズには、先端が先斜めと先丸があるので好みで選ぶといいでしょう♪先丸は皮膚を傷付けにくいので、デリケートな部分の毛を抜くのにもおすすめ (^_-)リピーターも多い毛抜きです☆

【先端:先丸、先斜め 価格:1,200円~】

NOOK (ヌーク)

両先端が丸くなっているので、毛抜きに見えないおしゃれなデザイン♪刃物や金属加工の製造で使われる高度な技術により作られています(^-^)先端の内側には細かい凸凹の加工がしてあり、毛をしっかりキャッチしてくれます☆

【先端:先丸 価格:2000円~】

おすすめ高級毛抜き

高級毛抜きは、老舗のメーカーが製作していることが多く、代々受け継がれているこだわりの技術で作られています♪基本的に高級毛抜きは、手作業で一本一本作られているというから驚き!日本に古くからあるU字型から持ち運びができるものまでメーカーによって様々な商品が発売されています(^-^)以下の3社は特に有名なメーカーです☆

倉田製作所

明治8年から続く毛抜きメーカー。現在は三代目の倉田義之氏とその長男である四代目倉田聖史氏が職人として伝統ある技術を受け継がれています(^-^)

【価格:5,000円~20,000円】

倉田満峰製作所(100文字程度)

倉田満峰氏は、江戸時代から続く江戸毛抜き職人の三代目。江戸毛抜きで最高といわれる「いろは毛抜き」の製作をしていることでも有名 (^-^)毛抜きの評価が高く、「マンボウ」という愛称で親しまれ世界でも愛好家が多いんだとか♪倉田満峰氏は、先に紹介した倉田製作所の倉田義之氏のいとこにあたるそうです☆

【価格:5,000円~18,000円】

うぶけや

江戸時代1783年から続く刃物メーカーです☆他の2社と比べると3,000円台のお手頃な価格から購入できるものがあります。

【価格:3,000円~10,000円】

毛抜きの正しい使い方

出典:unsplash

1.毛抜きを使用する前に肌を清潔にしましょう。
お風呂あがりで行うのがおすすめです。ただし、お風呂の中で抜くと雑菌が入る可能性があるのでやめましょう

2.毛抜きも消毒をして清潔にします。

3.毛抜きを持ったら、毛の根本からつかみましょう。

4.皮膚を引っ張ると、皮膚に負担がかかるので反対側の手で肌を押さえてください。
毛の流れの方向に抜くと痛いのも感じにくいです。

5.毛を抜いてしまったら、冷やしたタオルや保冷剤でクールダウンしましょう。

6.冷し終わったら、ローションやクリームでしっかり保湿してください。

より痛みを伴わない毛の抜き方

抜く場所によっては、痛い部分があります。痛みを伴わないようにするなら蒸しタオルで毛を抜く部分を温めるのがおすすめ☆肌が柔らかくなり、毛穴が開くので、するっと抜けやすいです(^_-)

蒸しタオルは、タオルを濡らして軽くしぼり電子レンジで30秒程度温めればOK♪皮膚の薄い部分は火傷しやすいので注意しましょう!

毛抜きのお手入れ

毛抜きを除菌せず使用すると、雑菌が入って皮膚炎などの肌トラブルを引き起こす場合があります。毛抜きは、使用後と使用前は必ず除菌して清潔を保ちましょう(^-^)

除菌の仕方は、「アルコールで拭く」か「沸騰したお湯に入れて煮沸消毒」すればOKです☆

「毛を抜きたいのに毛抜きがない!」ときの代用品

「あごの下に1本毛を見つけてしまった!」 そんな時に限って毛抜きを持っていないことってありますよね?手でも抜けない...

そんな時は10円玉2枚あれば毛抜きの代用品として使えます!抜きたい毛を10円玉2枚でつかむだけ♪ 他にも、眼鏡のフレームの関節部分に毛を挟むと意外に抜けるんだと!?

短い毛は抜きにくいので、近くに100円ショップなどがあれば、かけこんだ方が早いかも(^▽^;)緊急な時、実践してみてください(^_-)

参考サイト

まとめ

普段何となく使っている毛抜きも、値段や機能が様々です☆口コミなどを参考にして自分に合った毛抜きを選びましょう♪毛抜きを使った脱毛は痛いと避けていた人も痛みを伴わない毛の抜き方を実践してみてくださいね(^^)